三重から山口へ 人を介して豚熱のウイルス、500キロ移動か

農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構、茨城県つくば市)は16日、山口県で3月に豚熱(CSF)の感染が確認された野生イノシシのウイルスは、約500キロ離れた三重県周辺から人を介して運ばれた可能性があると発表した。

山口県岩国市の林で3月、中国地方で初めて豚熱に感染した野生イノシシが確認された。農研機構がウイルスを解析したところ、三重や奈良、和歌山県で発見されたウイルスに似ており、中でも昨年5月に三重県で捕獲された野生イノシシのウイルスに近かった。

野生イノシシの長距離移動は考えづらく、レジャーで各地を訪れた観光客や猟師などの衣服や靴、タイヤを通じてウイルスが運ばれた可能性があると指摘した。

会員限定記事会員サービス詳細