プロ野球平均年俸、過去最高4312万円

1日に東京ドームで行われたプロ野球、巨人対阪神の試合(水島啓輔撮影)
1日に東京ドームで行われたプロ野球、巨人対阪神の試合(水島啓輔撮影)

日本プロ野球選手会(会沢翼会長=広島)は16日、選手会加入選手の今季の年俸調査結果を発表した。開幕時の支配下公示選手721人の平均年俸は、昨季に比べて138万円増の4312万円となり、現行の調査方法となった1988年以降、最高額となった。

球団別では、ソフトバンクが7002万円でトップ、2位が巨人の6632万円。最下位は日本ハムの2817万円だった。セ・リーグは4074万円、パは4545万円。

今季から全体の中央値が公表され、721人中361番目は1500万円だった。球団別では、トップが巨人とDeNAの2000万円。楽天は平均年俸は6035万円で3位だったが、中央値は1150万円の11位で、球団内で格差がみられた。

また、契約更改の満足度調査結果も公表。ソフトバンクでは55・07%の選手が「満足」「大きく満足」と回答した一方、中日では19・35%にとどまった。選手会では「球団間の格差もあるが、球団内での格差もかなりあると感じている。この調査結果からいろいろ変えていければ」と話している。


■プロ野球選手の年俸調査

平均  中央値  満足度

(万円)(万円) (%)

①ソフトバンク 7002  1800④  55・07①

②巨人     6632  2000①  23・68⑪

③楽天     6035  1150⑪  26・56⑩

④西武     4330  1400⑧  54・72②

⑤ヤクルト   4050  1400⑧  38・98⑥

⑥オリックス  3922  1900③  32・81⑨

⑦DeNA   3732  2000①  48・21③

⑧広島     3693  1500⑥  45・76④

⑨阪神     3456  1500⑥  37・93⑦

⑩中日     3118  1200⑩  19・35⑫

⑪ロッテ    3077  1800④  41・07⑤

⑫日本ハム   2817  1000⑫  37・29⑧

全球団     4312  1500

※丸数字は順位

会員限定記事会員サービス詳細