400年記念「和歌祭」 松平健さんも白馬で登場

大名行列に徳川吉宗役として登場した松平健さん=和歌山市の和歌山城周辺
大名行列に徳川吉宗役として登場した松平健さん=和歌山市の和歌山城周辺

紀州徳川家ゆかりの紀州東照宮(和歌山市)の伝統行事「和歌祭(わかまつり)」の創始400年を記念する「和歌祭四百年式年大祭」が15日、紀州東照宮や和歌山城周辺を会場に開催された。大名行列には、8代将軍・徳川吉宗役として俳優・松平健さんが白馬にまたがり登場。「株」と呼ばれる芸技集団も市街地を練り歩き、彩りを添えた。

和歌祭は、初代紀州藩主・徳川頼宣(よりのぶ)が天下泰平などを願い、江戸時代の元和8(1622)年に始まり、今年で400年の節目を迎えた。一昨年と昨年はコロナ禍で神事のみとなり、本格的な開催は3年ぶり。

紀州東照宮の108段の石段を男衆らが駆け降りる勇壮な「神輿(みこし)おろし」で幕を開けた。神輿は、従来の担ぎ手に加え、大学生や高校生らも参加し、リレー形式で和歌山城周辺までつないだ。

午後からは和歌山城周辺を会場に、大名行列と、芸技集団が伝統芸能を披露する「渡御(とぎょ)行列」を実施。商業施設「フォルテワジマ」(本町)から和歌山城に向けて市街地を練り歩いた。

大名行列には、時代劇シリーズ「暴れん坊将軍」で主演した俳優、松平健さんが、8代将軍・徳川吉宗役として時代衣装姿で白馬にまたがり登場。沿道に集まった大勢の観衆に向けて手を振るなどした。

観衆の中には、「上様!紀州へようこそ」と書かれたボードを掲げて歓迎する姿もみられた。

渡御行列では、地元の芸技集団が雑賀踊(さいかおどり)や笛吹、相撲などを華やかに披露し、祭り気分を盛り上げた。

大名行列や渡御行列が市役所前に到着後、和歌山城西の丸広場で行われた「渡御納め式」で、松平健さんは「素晴らしい和歌祭を、いつまでも市民で守ってほしい」と話した。尾花正啓市長は「江戸からわざわざ〝松平将軍さま〟にお越しいただき、盛り上がって良かった」と盛大な開催を喜んだ。

会員限定記事会員サービス詳細