「維新は自民より右翼的」 立民・菅直人氏、松井氏に質問状

日本維新の会代表の松井一郎市長宛ての質問状を持参し、大阪市役所を訪れた立憲民主党の菅直人元首相=16日午前
日本維新の会代表の松井一郎市長宛ての質問状を持参し、大阪市役所を訪れた立憲民主党の菅直人元首相=16日午前

立憲民主党の菅直人元首相は16日、大阪市役所で記者会見し、日本維新の会代表の松井一郎大阪市長宛てに「核共有」政策に関する質問状を提出したと明らかにした。菅氏は同政策を含む議論開始を夏の参院選公約に盛り込む方針の維新を「自民党よりも右翼的だ」と批判し、立民との主張の違いを強調した。

菅氏は参院選大阪選挙区(改選数4)で立民候補を支援する特命担当を務めている。会見では「維新は『身を切る改革』などの宣伝がうまいが、右翼的部分が国民に伝わっていない。彼らの立場を明確にするため、拠点である大阪で立憲民主党も立派な候補者を立てた」と述べた。

維新はウクライナを侵攻するロシアが核兵器使用の可能性をちらつかせる事態を踏まえ、参院選公約に米国の核兵器を日本に配備し共同運用する核共有政策を含む拡大抑止に関する議論開始を盛り込む方針。

会員限定記事会員サービス詳細