ロシア会談「穏やかで冷静」 フィンランド大統領

フィンランドのニーニスト大統領(AP=共同)
フィンランドのニーニスト大統領(AP=共同)

フィンランドのニーニスト大統領は15日、米CNNテレビのインタビューで、ロシアのプーチン大統領に米欧の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)加盟申請の意思を伝えた14日の電話会談は「穏やかで冷静だった」と述べた。

同時に、ロシアがフィンランドを攻撃すると必ずしも心配していないとの考えを示した。

NATOのメンバー国トルコが、フィンランドとスウェーデンの加盟に難色を示していることについては「それほど心配していない」とした。加盟にはトルコを含む全加盟国の合意が必要になる。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細