酒万引の元巨人投手に執行猶予判決 秋田地裁

小野仁被告
小野仁被告

秋田市や千葉市で酒を万引したとして、窃盗罪に問われたプロ野球の元読売ジャイアンツ(巨人)投手の無職、小野仁被告(45)=横浜市港北区=に、秋田地裁は16日、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。

判決理由で武田夕子裁判官は「常習的で手早く大胆、悪質な犯行」と述べた。売却目的で窃盗を繰り返し、盗んだ酒の販売をなりわいとして生活費や競馬に使っていたと指摘。一方、家族と同居して監督を受け、高校時代の友人による支援も決まっている点を踏まえ執行猶予を付けた。

判決によると、被告は昨年11月~今年1月、秋田市や千葉市のスーパーマーケットなどでシャンパンやウイスキー計31本を盗んだ。

小野被告は秋田経法大付高(現ノースアジア大明桜高)出身。日本野球機構(NPB)のホームページなどによると、平成8年のドラフト会議で逆指名した巨人に2位で入団。その後、大阪近鉄バファローズ(当時)に移籍した。

会員限定記事会員サービス詳細