北朝鮮、1日で29万人発熱 新型コロナ感染加速か

14日、ソウルの駅で、北朝鮮の新型コロナウイルス感染拡大を報じるニュースを見る人々(AP)
14日、ソウルの駅で、北朝鮮の新型コロナウイルス感染拡大を報じるニュースを見る人々(AP)

北朝鮮の朝鮮中央通信は15日、新型コロナウイルス感染が疑われる発熱患者が、14日夜までのほぼ1日の間に、新たに約29万6千人確認されたと報じた。この間に15人が死亡し、死者の累計は42人になった。感染の広がりがさらに加速している可能性がある。

北朝鮮では発熱患者が4月末から増加。今月12日に1万8千人超、13日に17万4千人超が、それぞれ新たに確認されていた。

4月末以降の発熱患者の累計は82万人超となり、うち約49万6千人が回復し、32万4千人超が治療中としている。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細