陸自第3師団が隊列行進 特別塗装の74式戦車も

特別塗装の74式戦車=15日午後、兵庫県伊丹市の陸上自衛隊千僧駐屯地(彦野公太朗撮影)
特別塗装の74式戦車=15日午後、兵庫県伊丹市の陸上自衛隊千僧駐屯地(彦野公太朗撮影)

近畿2府4県の防衛を最前線で担う陸上自衛隊の第3師団は15日、兵庫県伊丹市の千僧(せんぞ)駐屯地で師団創立61周年(駐屯地創設71周年)の記念行事を開催した。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で規模を縮小したり、行事自体を中止したりしていたため、一般市民らが来場して催されるのは3年ぶり。約1万8千人が訪れた。

行進する74式戦車(彦野公太朗撮影)
行進する74式戦車(彦野公太朗撮影)

式典では、指揮官を先頭に車両130台やヘリコプター5機、隊員約800人が行進。続けて155ミリ榴弾砲FH70や74式戦車が空砲を放つなど、戦闘訓練を披露した。行事のために特別に塗装された74式戦車も展示された。

戦闘訓練展示でヘリコプターUH-1Jからロープを使って降下する隊員ら(彦野公太朗撮影)
戦闘訓練展示でヘリコプターUH-1Jからロープを使って降下する隊員ら(彦野公太朗撮影)
74式戦車などによる戦闘訓練展示(彦野公太朗撮影)
74式戦車などによる戦闘訓練展示(彦野公太朗撮影)


兵庫県芦屋市から家族3人で訪れた兼上獅琉(かねかみ・しりゅう)さん(13)は「ネットで自衛隊の動画を見ていたけれど、実際に見るとエンジンの音など迫力が違った」と満喫していた。


会員限定記事会員サービス詳細