書評

『10代からの地球の守り方 SDGsの教科書』フジテレビCSR・SDGs推進プロジェクト編

『10代からの地球の守り方 SDGsの教科書』(誠文堂新光社)
『10代からの地球の守り方 SDGsの教科書』(誠文堂新光社)

再生可能エネルギーや温室効果ガスに関連し、よく耳にするSDGs(持続可能な開発目標)。だが、その全体が日本社会に浸透したといえるだろうか。

SDGsは2015年9月の国連サミットで採択された。貧困や飢餓、教育など17の課題について「目標」を設定。2030年までに達成するため、各目標には具体的な方法や達成度の指標となる「ターゲット」も設けている。

本書では、17の目標と169のターゲットの全てを解説。目標ごとにコラムも掲載し、フジテレビのアナウンサーらが執筆を担当している。辞書や手引書として役立つ。(誠文堂新光社・1980円)

会員限定記事会員サービス詳細