京都・葵祭 関係者で「社頭の儀」 時代行列は3年連続中止

葵祭は下鴨神社で神事「社頭の儀」が行われた=15日午前、京都市左京区(渡辺恭晃撮影)
葵祭は下鴨神社で神事「社頭の儀」が行われた=15日午前、京都市左京区(渡辺恭晃撮影)

京都三大祭りの一つ、葵祭が15日、下鴨神社(京都市左京区)で行われた。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、神社関係者のみで神事「社頭の儀」を営み、最大の見せ場となる平安時代行列「路頭の儀」は3年連続で中止した。

同日午前、舞殿で行われた社頭の儀には、関係者ら約350人が参列。勅使(ちょくし)が御幣物をおさめ、国家の安泰と国民の安全を祈って紅色の紙に書かれた祭文を読み上げた。勅使らは午後、上賀茂神社(同市北区)に移動し、同様に社頭の儀を斎行した。

関係者のみで行われた神事「社頭の儀」(渡辺恭晃撮影)
関係者のみで行われた神事「社頭の儀」(渡辺恭晃撮影)

葵祭は下鴨神社と上賀茂神社の例祭。6世紀ごろ、欽明天皇の時代に凶作が続き、五穀豊穣(ほうじょう)を祈ったのが始まりとされ、15日に行われた社頭の儀は最重要神事にあたる。路頭の儀は令和2年以降、コロナ禍で中止が続いており、ヒロインの斎王代も選ばなかった。

会員限定記事会員サービス詳細