大型SUVも“エコ”の時代へ 新型ジープ・グランド・チェロキー4Xe試乗記

ジープの新型グランド・チェロキーに追加されたPHEVモデルの「4Xe(フォー・バイ・イー)」に、木村好宏がアメリカで試乗した。“電動グラチェロ”の印象はいかに?

ポルシェ・カイエンにも影響を与えたグラチェロ

ジープ・ブランドのハイエンドSUVであるグランド・チェロキーは1993年の初代(ZJ:1993〜1998年)発売以来、北米市場で好評を博し、2世代目(WJ:1999〜2004年)、3世代目(WH:2005〜2010年)、そして4代目(WK2:2010年〜2021年)へと進化を続けてきた。

そして2013年、2017年のフェイスリフトを経て、2021年に5代目(WL)が北米で発表された。このあいだ、2世代目こそ台数はそう多くはなかったが、ドイツでのオーナーには1993年から2009年までポルシェの代表取締役社長であったベンデリン・ヴィーデキング氏がいた。

彼はグランド・チェロキーをいたく気に入っており、ポルシェ「カイエン」の販売計画に大きな影響を与えたと言われる。その証拠にカイエン開発プロジェクトのシークレット・コードは「コロラド・プロジェクト」すなわち北米産SUVの影響を大きく受けていたのである。

さて、前置きがながくなったが、本題に入ろう!

ニュー・モデルではまずシリーズ初となる3列シート(7人乗り)のLバージョン、続いて5人乗りのショートバージョンが公開され、さらに今年1月にはPHEV(プラグイン・ハイブリッド)バージョンの「4Xe」が追加発表された。

会員限定記事会員サービス詳細