フジ新人アナウンサー初登場 先輩アナからまさかの質問攻め

新人アナウンサーの(左から)勝野健、岸本理沙、松﨑涼佳(C)フジテレビ
新人アナウンサーの(左から)勝野健、岸本理沙、松﨑涼佳(C)フジテレビ

14日配信のYouTubeチャンネル「公式 フジテレビアナウンサーch.」に今年4月入社の新人アナウンサー3人が初登場する。

「フジアナch.」に初登場の(左から)松﨑涼佳、岸本理沙、勝野健(C)フジテレビ
「フジアナch.」に初登場の(左から)松﨑涼佳、岸本理沙、勝野健(C)フジテレビ

勝野健、岸本理沙、松﨑涼佳アナで、座談会の収録と聞いてやってきた3人を待ち受けていたのは“お披露目記者会見”。記者に扮した先輩アナたちからまさかの質問攻めに遭う…。

今月27日まで実施される研修でボイストレーニング、ニュース原稿読み、中継リポート実習などに励んでおり、一人前のアナとしてカメラの前に立てる日を目指し奮闘中の様子は「公式 フジテレビアナウンサーInstagram」で随時報告していく。

同時に「アナマガ」ではプロフィールも初公開される。勝野、岸本アナは共に千葉県出身、慶大卒。勝野アナはボート部歴7年という鍛えられた腕の筋肉が自慢で「これまでは声で舟のクルーを盛り上げてきたが、これからは視聴者に元気と勇気を届けていきたい」と気合十分。英語が堪能な岸本アナも「海外取材に行き、それぞれの国の文化や現実などを自らの言葉でリポートできるようになりたい」と意欲を見せる。

神奈川県出身、早大卒の松﨑アナは終身体育会競走部で陸上選手のトレーナーを務めてきた。「これまでは選手に寄り添う人生。これからは視聴者に寄り添っていきたい」。担当したい番組は「S-PARK」といい、五輪取材も希望しているという。

(産経デジタル)


会員限定記事会員サービス詳細