死亡記者の葬儀でも衝突 イスラエルとパレスチナ

13日、エルサレム旧市街にある墓地に運ばれたシリン・アブアクラさんのひつぎ(共同)
13日、エルサレム旧市街にある墓地に運ばれたシリン・アブアクラさんのひつぎ(共同)

イスラエル軍とパレスチナ人との武力衝突を取材中に撃たれて死亡した中東の衛星テレビ、アルジャジーラの記者シリン・アブアクラさん(51)の葬儀と埋葬が13日、エルサレムで営まれ、多数の市民が参列した。遺体が安置されていた病院前などで警察とパレスチナ人が衝突、地元メディアによると、33人が負傷した。

イスラエル警察はパレスチナ人側から投石があり、対応せざるを得なかったと説明するが、欧州連合(EU)は「葬列の最中に起きた出来事やイスラエル警察の過剰な武力行使にぞっとする」と非難する声明を発表した。

一方、イスラエル軍が占領するヨルダン川西岸ではこの日、イスラエル治安部隊が北部ジェニンのパレスチナ難民キャンプを急襲、武装したパレスチナ人と衝突した。パレスチナ自治政府保健省やイスラエル政府によると、パレスチナ人13人が負傷、イスラエル当局者の1人が死亡した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細