細田氏、10増10減言及せず 合区解消は主張

自民党会合であいさつする細田博之衆院議長=14日、松江市
自民党会合であいさつする細田博之衆院議長=14日、松江市

細田博之衆院議長は14日、松江市の自民党会合であいさつした。野党から批判を浴びた国会議員の定数増や、否定的な発言を繰り返してきた衆院小選挙区定数の「10増10減」問題には言及しなかった。

12日に各党代表者らに「発言は控える」と言明していた。

参院選で隣接県を一つの選挙区にする「合区」については「解消を主張してきたが、残念ながら法改正や憲法改正が間に合っていない」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細