ロッテの井口監督が退場 判定巡り「侮辱的発言」

【プロ野球オリックス対ロッテ】試合後に審判への侮辱的発言で退場となったロッテ・井口資仁監督(右から2人目)=京セラドーム大阪(撮影・薩摩嘉克)
【プロ野球オリックス対ロッテ】試合後に審判への侮辱的発言で退場となったロッテ・井口資仁監督(右から2人目)=京セラドーム大阪(撮影・薩摩嘉克)

ロッテの井口監督が14日、オリックス8回戦(京セラドーム大阪)の終了後、審判員への侮辱行為により退場処分を受けた。場内アナウンスで退場理由について「侮辱的発言」と説明された。

0―1の九回2死一、二塁でエチェバリアが見逃し三振で試合終了。この判定に対して井口監督が審判員に異議を唱えるなどした。ボール、ストライクの判定について異議を唱えるために監督がベンチを離れることは許されず、審判員によると警告した上での退場だった。

会員限定記事会員サービス詳細