菅氏「前例打破は楽しい」 首相再登板、重ねて否定

菅義偉前首相(矢島康弘撮影)
菅義偉前首相(矢島康弘撮影)

自民党の菅義偉前首相は13日に出席したオンライン会合で、首相や官房長官として推進した規制改革に関し「前例主義と役所の縦割りを壊すのがだんだん楽しくなった」と振り返った。首相再登板への意欲については「全く考えていない」と重ねて否定した。

菅氏は、行政の縦割りやあしき前例主義の弊害がたくさんあると指摘。発足時期を見極めている自らの政策勉強会を念頭に「そうした問題を解決したい」と訴えた。

会員限定記事会員サービス詳細