林氏、対ロシアでG7結束確認 英仏カナダ外相と個別会談

カナダのジョリー外相と話す林芳正外相(右)=12日、ドイツ北部バイセンハウス(ロイター)
カナダのジョリー外相と話す林芳正外相(右)=12日、ドイツ北部バイセンハウス(ロイター)

林芳正外相は12日(日本時間12日夜から13日未明)、先進7カ国(G7)外相会合が開かれるドイツ北部バイセンハウスで、フランスのルドリアン外相、カナダのジョリー外相、英国のトラス外相と相次いで個別に会談した。ウクライナ侵攻を続けるロシアに対し、G7で結束して対応する重要性を改めて確認した。

林氏はいずれの会談でも、日本がアジアの国々に対し、ロシアに厳しい姿勢を示すよう働きかけを続けていると説明。各氏は日本の外交努力を評価した。

ルドリアン氏とは、ロシアの侵攻や軍事力を拡大する中国を念頭に「欧州とインド太平洋の安全保障は不可分だ。世界のどの地域でも力による一方的な現状変更は認められない」との認識を共有。インド太平洋地域での連携を進める方針で一致した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細