岸防衛相「今なお大きな基地負担」 沖縄復帰50年で

岸信夫防衛相
岸信夫防衛相

岸信夫防衛相は13日の記者会見で、沖縄本土復帰から15日で50年を迎えるのを前に「基地負担軽減は沖縄の最重要課題の一つ。米軍施設区域の整理縮小を始めさまざまな努力を行ってきたが、今もなお沖縄の皆さまに大きな基地負担をおかけしている」との認識を示した。

岸氏は、離島での急患輸送や不発弾処理などの任務で自衛隊が地域に貢献してきたことを念頭に、「自衛隊は沖縄を含むわが国の平和と安全を守るための任務をしっかり果たしてきたものと確信している」と述べた。その上で「日米同盟の抑止力を維持しながら沖縄の基地負担軽減に引き続き取り組んでいく」と話した。

沖縄県の玉城デニー知事が10日、政府が検討する敵基地攻撃能力の保有への反対を含む建議書を岸田文雄首相へ提出したことについて、岸氏は「地方自治体をはじめ、国民の皆さんに広く議論いただき、さまざまな意見をいただきながら政策を進めていくことは大変重要」と述べた。

一方、沖縄の安全保障上の重要性について岸氏は「南西諸島防衛の観点から沖縄は他では代替できない地理的優位性を有している」とし、「沖縄に米軍が駐留することは日米同盟の抑止力の重要な要素であり、わが国の平和と安全を確保する上で必要なこと」とも強調した。

会員限定記事会員サービス詳細