大宅賞に鈴木、樋田さん

日本文学振興会は13日、第53回大宅壮一ノンフィクション賞が、鈴木忠平さん(45)の「嫌われた監督」(文芸春秋)と樋田毅さん(70)の「彼は早稲田で死んだ」(文芸春秋)に決まったと発表した。賞金は各100万円。贈呈式は6月下旬に東京都内で開かれる。

鈴木さんは千葉県生まれ。受賞作はプロ野球中日監督時代の落合博満さんの采配の実像を、球団関係者の証言などからたどった。

樋田さんは愛知県生まれ。受賞作は、昭和47年に早稲田大構内で学生がリンチで殺害された事件の真相を探った。

会員限定記事会員サービス詳細