現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

5月13日

東京の地下鉄駅近くの長屋住まいだった林家彦六(正蔵)は、寄席に通うのに定期券を利用していた。仕事以外では切符を買った。定期券の割引は仕事をする人のため、との理屈である。期限切れのJR無料パスで新幹線にただ乗りしていた元参院議員に教えたい。

▼自宅まで新聞記者が取材に来ると、乗ってきた車を弟子に調べさせた。ハイヤーなら運転手に「祝儀袋」を手渡す。運転手が新聞社の社員の場合、現金は贈賄になるからと名入りの手拭いを「名刺がわり」に渡した(『昭和の藝人(げいにん) 千夜一夜』矢野誠一著)。

▼昔も今もこれほど金銭に潔癖な人は少ないだろう。それでも自分の預金口座に役所から覚えのない大金が振り込まれれば、問い合わせるのが普通である。間違いと分かれば返金する。役所からは「お詫(わ)びがわり」の品物を渡されて一件落着となるはずが、そうはならなかった。

ランキング

  1. 【新聞に喝!】ユニクロの中国関係報道を求む 元東京大学史料編纂所教授・酒井信彦

  2. 【日曜に書く】論説委員・川瀬弘至 記者諸君、起立したまえ

  3. 【主張】首都直下地震 1都3県は歩調合わせよ

  4. 【田村秀男の経済正解】均衡財政主義で防衛力を壊すな

  5. 【産経抄】5月29日

  6. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  7. 【主張】かかりつけ医 機能発揮できる制度化を

  8. 【産経抄】5月28日

  9. 【拳闘の島 沖縄復帰50年】(27)琉球ジム会長・仲井真重次 沖縄のジムから世界へ

  10. 【新聞に喝!】共産党に優しい朝日と毎日 イスラム思想研究者・飯山陽

会員限定記事