「おわら風の盆」3年ぶり開催へ 富山、秋の風物詩

富山市で毎年9月1~3日に開かれる秋の風物詩「おわら風の盆」を巡り、地元の行事運営委員会は13日、総会を開き、3年ぶりに開催する方針を決めた。新型コロナウイルスの影響で、令和2年から2年連続で中止となっていた。今年も感染防止のため、前夜祭は中止するなど規模を縮小する。

約300年の歴史を持つ「おわら風の盆」は、石畳の町並みの中を編みがさを目深にかぶった男女が、三味線や胡弓の音色に合わせて優雅に舞うことで知られている。例年、県内外から20万人前後が訪れていた。

会員限定記事会員サービス詳細