松山は67で7打差12位 米男子ゴルフ第1日

第1ラウンド、16番でティーショットを放つ松山英樹選手。5アンダーで12位=TPCクレイグランチ(共同)
第1ラウンド、16番でティーショットを放つ松山英樹選手。5アンダーで12位=TPCクレイグランチ(共同)

米男子ゴルフのAT&Tバイロン・ネルソンは12日、米テキサス州マッキニーのTPCクレイグランチ(パー72)で第1ラウンドが行われ、松山英樹は67で回り、5アンダーで12位とまずまずのスタートを切った。首位と7打差。

松山は4月上旬のマスターズ・トーナメント以来のツアー出場で、3ホール目の12番パー5で第2打をピン80センチに寄せてイーグルを奪って調子をつかみ、1イーグル、4バーディー、1ボギーの好内容だった。

5バーディー、4ボギーで71の小平智は79位。セバスティアン・ムニョス(コロンビア)が2イーグル、9バーディー、1ボギーの60をマークし、12アンダーで単独トップに立った。4打差の2位にピーター・マルナティ(米国)、李京勲(韓国)ら4人が並んだ。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細