包丁で父の頭切りつけ、容疑で31歳娘逮捕

父親(68)の頭を包丁で切りつけたとして、大分県警別府署は13日、殺人未遂の疑いで、同県別府市春木、娘の無職、杉下英理子容疑者(31)を現行犯逮捕した。「殺すつもりはなかった」と殺意を否認している。署によると、父親は頭に複数の傷を負い、病院に搬送されたが、命に別条はない。

逮捕容疑は同日午前3時20分ごろ、自宅で父親の頭を切りつけ、殺害しようとしたとしている。

午前3時25分ごろ、同居する母親から「娘がナイフを持って暴れている」と110番があった。

別居中の父親が杉下容疑者宅を訪れて口論になっていたといい、署が詳しい状況を調べる。

会員限定記事会員サービス詳細