岸田首相、マスク見直し再度否定「緩和は考えていない」

衆院内閣委で答弁する岸田文雄首相=13日午前、国会・衆院第1委員室(矢島康弘撮影)
衆院内閣委で答弁する岸田文雄首相=13日午前、国会・衆院第1委員室(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は13日午前の衆院内閣委員会で、新型コロナウイルス対策のマスク着用について「感染の基本的予防策として大変重要だ。今の時点でマスクの着用を緩和することは考えていない」と述べた。そのうえで「人との距離が十分取れれば屋外でマスクを着用をすることは必ずしも必要ない」とも強調した。立憲民主党の泉健太代表の質問に答えた。

会員限定記事会員サービス詳細