保護観察中に薬物「陽性」、男が所在不明・東京

東京保護観察所は13日、覚醒剤取締法違反罪で有罪判決を受け、保護観察中の男(41)が簡易薬物検査で陽性反応が出た後、無断でいなくなったと発表した。身柄を取り戻す令状を取り、行方を捜している。

同所によると、男は12日午前11時半ごろ、東京・霞が関にある保護観察所で薬物乱用防止プログラムの一環として検査を受け、陽性と判明した。職員が警視庁に連絡し、警察官の到着を待つ間、徒歩で庁舎を立ち去ったという。

生駒貴弘所長は「このような事態を招き、誠に遺憾だ。皆さまに多大な不安とご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げる」とした。

会員限定記事会員サービス詳細