露軍、渡河失敗で打撃 英国防省が分析

破壊されたロシア軍の装甲車両(宮嶋茂樹さん撮影)
破壊されたロシア軍の装甲車両(宮嶋茂樹さん撮影)

英国防省は13日、ロシア軍がウクライナ東部ルガンスク州のドネツ川を渡る作戦に失敗し、少なくとも1個の大隊戦術群に相当する戦力を失う打撃を受けたとの分析を公表した。首都キーウ(キエフ)から撤退して東部に兵力を集中させているが、顕著な成果を上げられていないという。

同省は交戦中の渡河作戦はリスクが高いとした上で「司令官がウクライナ東部での戦果獲得の圧力にさらされていることを意味する」とした。

ロシア軍はルガンスク州セベロドネツクやハリコフ州イジュムの近郊で兵力を投入し、ドネツク州のクラマトルスク方面への突破を目指していると指摘。ウクライナ軍部隊を包囲し、西部からの増援や補給を断つ狙いがあるという。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細