玉鷲、三たび照ノ富士撃破 同一横綱から3場所連続金星は57年ぶり

○玉鷲(おしだし)照ノ富士●=両国国技館(撮影・戸加里真司)
○玉鷲(おしだし)照ノ富士●=両国国技館(撮影・戸加里真司)

大相撲夏場所6日目は13日、両国国技館で行われ、横綱照ノ富士は玉鷲に押し出され、2敗目を喫した。玉鷲は3場所連続で照ノ富士から金星を挙げた。金星は通算6個目。平幕が同じ横綱を3場所続けて破るのは、昭和39年九州場所から40年春場所まで横綱栃ノ海に勝った大豪以来で57年ぶり。

大関陣は御嶽海が北勝富士を上手出し投げで退け、星を五分に戻した。貴景勝は関脇阿炎に引き落とされて3敗目。正代は隆の勝に寄り切られ、1勝5敗となった。阿炎は4勝目、関脇若隆景は3勝目。

平幕の碧山が6連勝で単独トップに立ち、1敗は玉鷲を含めた平幕4人となった。

会員限定記事会員サービス詳細