参院山形「野党応援できない」 県連が茂木氏に伝達

自民党の茂木敏充幹事長
自民党の茂木敏充幹事長

自民党の茂木敏充幹事長は13日、夏の参院選山形選挙区(改選数1)への対応を巡り、党山形県連幹部と党本部で会談した。国民民主党の現職に配慮し、独自候補の擁立を見送る方針に対し、県連幹事長の森谷仙一郎県議が茂木氏に「県連として国民候補を応援するのは極めて厳しい」と直談判した。茂木氏は聞き置くにとどめた。会談後、森谷氏が記者団に明らかにした。

県連会長の遠藤利明選対委員長も同席した。森谷氏は会談後、地元は候補擁立へ準備を進めていたと指摘し「自民が野党を応援するのは、そんな簡単ではない」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細