6月から宿泊割引、名古屋市 愛知と近隣4県民対象

名古屋市は13日、市内の宿泊施設を利用した愛知と近隣4県の住民を対象とした旅行割引を6月上旬から始める方針を明らかにした。1人1泊5千円を上限に宿泊費を半額割り引く。来年2月末まで実施予定。

4県は長野、岐阜、静岡、三重。折戸秀郷観光文化交流局長は取材に「観光業や経済の回復を目指していきたい」と話した。市は20日に詳細を発表する。

会員限定記事会員サービス詳細