現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

北朝鮮の戦術核と抑止の主導権 防衛大学校教授・倉田秀也

金正恩朝鮮労働党総書記=平壌(朝鮮中央通信=共同)
金正恩朝鮮労働党総書記=平壌(朝鮮中央通信=共同)

去る4月25日、金正恩総書記は朝鮮人民軍創建90周年での閲兵式の演説で「われわれの核が戦争防止という1つの使命にだけ束縛されることはない」「核武力はその2つ目の使命」を「決行せざるをえない」と述べた。

「戦争抑止」と「戦争遂行」

金正恩氏が核兵器に「2つの使命」があると述べたのは初めてではない。2013年3月末、朝鮮労働党中央委員会全員会議で「戦争抑止戦略」と「戦争遂行戦略」の2つの「戦略」に触れていた。

防衛大学校教授、倉田秀也氏
防衛大学校教授、倉田秀也氏

「戦争抑止戦略」とは、北朝鮮が米国からの直接の核攻撃から始まる戦争を想定し、それを抑止する戦略である。北朝鮮は自ら米国に核戦争を挑むことはないが、米国からの直接の核攻撃に対して耐え難い損害を与える用意を示す。そのための核戦力は米国との核戦争を戦い抜くためではなく、米国からの核攻撃を抑止する最小限であればよい。この核態勢が「最小限抑止」と呼ばれる所以(ゆえん)だ。

ランキング

  1. 【新聞に喝!】ユニクロの中国関係報道を求む 元東京大学史料編纂所教授・酒井信彦

  2. 【日曜に書く】論説委員・川瀬弘至 記者諸君、起立したまえ

  3. 【主張】首都直下地震 1都3県は歩調合わせよ

  4. 【産経抄】5月29日

  5. 【田村秀男の経済正解】均衡財政主義で防衛力を壊すな

  6. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  7. 【主張】かかりつけ医 機能発揮できる制度化を

  8. 【拳闘の島 沖縄復帰50年】(27)琉球ジム会長・仲井真重次 沖縄のジムから世界へ

  9. 【主張】訪日観光客の解禁 コロナと共存し回復図れ

  10. 【新聞に喝!】共産党に優しい朝日と毎日 イスラム思想研究者・飯山陽

会員限定記事