京都市がモデルナ8万回分廃棄へ、接種希望者少なく

米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン=2月
米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン=2月

京都市は13日、5月下旬に使用期限を迎える米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン約8万回分について、廃棄する見通しだと明らかにした。米ファイザー製の方が需要が多く、接種希望者が少なかったことが主な要因。

市によると、2月中旬に国から、5月下旬が期限のモデルナ製ワクチン約8万8千回分が納入された。そのうち使ったのは約8千回分にとどまり、残りの約8万回分が5月20日と25日に期限を迎えるという。3回目接種が進んでいないことも影響した。市内の3回目接種率は、11日時点で55・1%(対象者約108万人)。

市の担当者は「引き続き3回目接種を促していきたい」としている。

会員限定記事会員サービス詳細