北朝鮮、18万人超を隔離 6人死亡、多くがコロナか

北朝鮮・平壌の建物で消毒作業を行う衛生部門の関係者=2021年2月(AP)
北朝鮮・平壌の建物で消毒作業を行う衛生部門の関係者=2021年2月(AP)

北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、国内で4月末から原因不明の発熱を訴える人が爆発的に増え、18万7千人余りが隔離されて治療を受けており、6人が死亡したと報じた。死者のうち1人は新型コロナウイルスのオミクロン株の派生型「BA・2」の感染が確認されたとしている。隔離対象者の多数を新型コロナ感染者と疑っているもようだ。

同通信によると、金正恩朝鮮労働党総書記は12日に新型コロナ対策を担う国家非常防疫司令部を訪問し、発熱の患者が増えているのは対策に欠点があるためだと指摘した。

発熱を訴えた人はこれまでに35万人余りに上り、うち16万2200人余りが完治したとしている。12日だけで新たに1万8千人余りが発熱を訴えたという。

朝鮮労働党は12日に政治局会議を開き、同国で新型コロナ感染が確認されたとして「最大非常防疫体系」に移行することを決めた。金正恩氏はこの会議で、全国の全ての市、郡で地域を徹底封鎖するよう指示している。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細