フォト特集

北京、3日間自宅待機開始

利用客が少ない地下鉄駅構内=13日、北京(共同)
利用客が少ない地下鉄駅構内=13日、北京(共同)

北京市中心部で13日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、3日間の自宅待機と3日連続で行う大規模PCR検査が始まった。自宅待機は「強制ではない」(中国紙)ため市民は外出できるが人出は減少。PCR検査の拠点には大行列ができた。(共同)

PCR検査の行列に並ぶ市民ら=13日、北京(共同)
PCR検査の行列に並ぶ市民ら=13日、北京(共同)

今回の措置に先立ち、既に大半の企業は在宅勤務中で、店内飲食も禁止。13日もオフィス街や地下鉄は閑散としていた。市は週末の14、15日は「自宅で休む」よう要求。世界遺産、万里の長城の観光スポット「八達嶺」や市郊外の公園なども13日から閉園した。

北京市の12日の新規市中感染は50人。市政府は「隠れた感染源」を洗い出すため、連日の検査徹底を指示している。

交通量が少ないオフィス街=13日、北京(共同)
交通量が少ないオフィス街=13日、北京(共同)
PCR検査を受ける市民ら=13日、北京(共同)
PCR検査を受ける市民ら=13日、北京(共同)
PCR検査を受ける市民ら=13日、北京(共同)
PCR検査を受ける市民ら=13日、北京(共同)
利用客が少ない地下鉄駅構内=13日、北京(共同)
利用客が少ない地下鉄駅構内=13日、北京(共同)
マスク姿で野菜を販売する店の前に並ぶ人たち=13日、北京
マスク姿で野菜を販売する店の前に並ぶ人たち=13日、北京


会員限定記事会員サービス詳細