滋賀・高島の準強制性交事件 同僚市議が被害を公表

市議会全員協議会後に取材に応じる中川あゆこ市議=13日、滋賀県高島市
市議会全員協議会後に取材に応じる中川あゆこ市議=13日、滋賀県高島市

昨年7月、抵抗できない状態の女性に無理やり性行為をしたとして滋賀県高島市の万木豊(ゆるぎゆたか)市議(58)が準強制性交容疑で書類送検された事件をめぐり、同市の中川あゆこ市議(42)が13日に開かれた市議会全員協議会で、被害者が自分であることを公表したうえで、適切な対応を求めた。一方、万木市議は「捜査中なのでコメントを控える」と繰り返した。被害者、被疑者が同僚議員であることが明らかになり、今後、議会の対応が求められる。

高島市議会の全員協議会に出席した中川あゆこ市議(奥左から3人目)と万木豊市議(右端)=13日、滋賀県高島市
高島市議会の全員協議会に出席した中川あゆこ市議(奥左から3人目)と万木豊市議(右端)=13日、滋賀県高島市

全員協議会で発言を求めた中川市議は「万木市議が書類送検された事件の被害者は私。警察に相談し、被害届を出した。議会内で起こった人権問題であり、市議会での適切な対応を求める」と涙ながらに語った。

被害公表に至った理由については、万木市議の説明責任が果たされていない▷被害者、加害者が同僚市議であると公表しなければ議会内での議論が進まない▷事件は選挙で一票を投じてくれた市民の思いも踏みにじった。このままにはできない-の3点をあげた。

中川市議は全員協議会終了後、記者団の取材に対し、「性被害に遭った女性の手記を泣きながら読み、私一人じゃないとの思いをもった。苦難を乗り越え、建設的な活動をされている女性の姿を知り、鬱々としたものがパリッと1枚はがれた」と被害の公表に至った理由について説明した。

広本昌久議長は全員協議会の最後に「加害者、被害者が議会にいる状況は放っては置けない。しっかりと対応し、市民の信頼を回復したい」と決意を語った。

捜査関係者らによると、万木市議は昨年7月21日夜に大津市内で、中川市議らを含む4人で会食。中川市議を高島市内の自宅に送り届ける間に、コンビニ駐車場で缶ビールを手渡した。その後、数口飲んで意識がもうろうとなった中川市議に対し、車内で性行為をしたとして、3月30日に書類送検された。その際、高島署は犯罪事実などとともに4段階で「厳重処分」に次ぐ上から2番目の「相当処分」(検察判断に委ねる)の意見を付けたという。

全員協議会では、当日の会食に磯部亜希市議(44)も参加していたことが判明。磯部市議は参加の事実を認めた。これまでの産経新聞の事実関係についての取材には「何も言わない。一切かかわりたくない」などと話していた。

会員限定記事会員サービス詳細