太平洋側、広範囲で大雨 前線と低気圧影響

気象庁
気象庁

前線や低気圧の影響で、西日本から東日本の太平洋側と南西諸島では14日にかけ、広い範囲で雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は13日、大雨による土砂災害や浸水、河川の増水や氾濫、落雷や竜巻などの激しい突風に警戒を呼びかけた。

気象庁によると、前線が九州南部を通って伊豆諸島の南に延び、前線上の低気圧が四国の南を東北東に進んでいる。この低気圧は13日、西日本と東日本の太平洋側を進み、14日は三陸沖を北上する見込みという。

13日朝には別の低気圧が東シナ海の前線上に発生。14日にかけて太平洋側を東寄りに進み、大気の状態が非常に不安定となる見通しだ。

14日午前6時までの24時間予想雨量は多い場所で、東海200ミリ、九州南部、近畿180ミリ、沖縄、奄美、四国、関東甲信150ミリ。その後の24時間は沖縄、東海、関東甲信50~100ミリの見込み。

会員限定記事会員サービス詳細