伊勢農場の更生手続き開始 「森のたまご」のイセ食品グループ会社

東京地裁
東京地裁

鶏卵大手イセ食品(東京)のグループ会社で、鶏卵農場を手がける伊勢農場(三重県伊賀市)が、東京地裁から会社更生手続きの開始決定を受けたことが13日、代理人弁護士事務所への取材で分かった。決定は4月28日付。東京商工リサーチによると、伊勢農場の負債総額は約34億円。

飼料価格高騰などに伴う収益の悪化で、「森のたまご」のブランドで知られたイセ食品も3月に東京地裁から会社更生手続きの開始決定を受けている。今後は伊勢農場も含め、グループ一体で経営再建を目指す方針。

会員限定記事会員サービス詳細