議員定数 細田発言に与野党から批判の声続く

細田博之衆院議長
細田博之衆院議長

与野党幹部からは13日、国会議員の定数を増やしても「罰は当たらない」と主張した細田博之衆院議長に対する発言が続いた。公明党の石井啓一幹事長は「ぜひ慎重な対応をお願いしたい」と表明。野党は「これ以上、議会や国民を混乱させることは慎んでいただきたい」(立憲民主党の泉健太代表)と批判した。

複数の関係者によると、細田氏は12日夜、各党の代表者らと議長公邸で懇談し「立場を自覚し、お騒がせする発言は控える」と語った。

大島理森前衆院議長は13日、福岡市で講演し、衆院選挙区定数の「10増10減」を予定通り進めるべきだとの認識を示した。人口比を議席数に反映させる「アダムズ方式」は与野党で結論を出したと強調し「深く考え、ぜひ尊重してほしい」と訴えた。10増10減に否定的な発言を繰り返す細田氏を念頭に置いた発言とみられる。

会員限定記事会員サービス詳細