核共有政策「机上の空論」 立民・岡田元外相が見解

立憲民主党の岡田克也氏
立憲民主党の岡田克也氏

立憲民主党の岡田克也元外相は12日のBSテレ東番組で、米国の核兵器を自国内に配備して共同運用する「核共有(ニュークリア・シェアリング)」政策について現実的ではないとの見解を示した。「国民の多くが是とするとは思えず、米国もそのような戦術核の使い方をしたいと思っていない。机上の空論だ」と述べた。

日米両国間の核兵器に関する協議をより緊密にするため、事務レベルから政務レベルに引き上げるよう主張。「核兵器を使う場面が来ないことを望むが、お互い合意の上で仕組みをつくっておく必要がある」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細