元文教大准教授、妻殺害認める 弁護側「心神喪失」主張

さいたま地裁
さいたま地裁

さいたま市の路上で令和2年3月、妻を刺殺したとして殺人などの罪に問われた元文教大准教授、浅野正被告(53)は13日、さいたま地裁(小池健治裁判長)の裁判員裁判初公判で「僕が妻を殺したことは間違いない」と述べた。弁護側は心神喪失状態だったとして無罪を主張した。

検察側は冒頭陳述で「正常な判断をしていた部分も残されていた」として心神耗弱にとどまると訴えた。また、妻の法代さん=当時(53)=との離婚について被告が弁護士に相談していたと指摘し、自らの財産を妻に横取りされると思い込むようになって殺害を決意したと述べた。判決は6月22日に言い渡される。

起訴状などによると、被告は2年3月16日夕、さいたま市浦和区の埼玉県庁前の路上で法代さんの胸などを包丁で数回刺し、失血死させたとしている。

被告は大学院修了後に法務省職員となり、少年鑑別所や刑務所で勤務した。文教大では犯罪心理学などを研究し、犯罪被害者支援に関する授業もしていた。大学は事件後の2年4月に懲戒解雇した。

会員限定記事会員サービス詳細