現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

5月12日

1991年12月1日、当時のソ連ウクライナ共和国の首都キエフに、モスクワ特派員だった斎藤勉記者の姿があった。完全独立の是非を問う国民投票と初代大統領を決める選挙を取材するためだ。独立賛成は90%を超えた。

▼大統領選を制したのはクラフチュク氏である。前年まで共和国共産党のエリート官僚だったが、ソ連政変を機に独立派に転じていた。クラフチュク氏はまもなく、ロシアのエリツィン大統領、ベラルーシのシュシュケビッチ最高会議議長との首脳会談に臨む。

▼斎藤記者は、合意文書に目を通した時の驚きを昨年末の連載記事でこう表現していた。「頭に電撃が走った」。「ソ連消滅」のニュースがたちまち世界を駆け巡った。

ランキング

  1. 【新聞に喝!】ユニクロの中国関係報道を求む 元東京大学史料編纂所教授・酒井信彦

  2. 【日曜に書く】論説委員・川瀬弘至 記者諸君、起立したまえ

  3. 【主張】首都直下地震 1都3県は歩調合わせよ

  4. 【産経抄】5月29日

  5. 【田村秀男の経済正解】均衡財政主義で防衛力を壊すな

  6. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  7. 【主張】かかりつけ医 機能発揮できる制度化を

  8. 【主張】訪日観光客の解禁 コロナと共存し回復図れ

  9. 【拳闘の島 沖縄復帰50年】(27)琉球ジム会長・仲井真重次 沖縄のジムから世界へ

  10. 【新聞に喝!】共産党に優しい朝日と毎日 イスラム思想研究者・飯山陽

会員限定記事