衆院憲法審で「9条」議論 立民、共産は改憲反対

開催された衆院憲法審査会=12日午前、国会
開催された衆院憲法審査会=12日午前、国会

衆院憲法審査会は12日、「戦争の放棄」を規定した憲法9条を中心に討議した。ロシアによるウクライナ侵攻などを踏まえ国民の国防意識が強まる中、自民党などが9条改正も排除しない意向を示した一方、立憲民主党と共産党は反対で歩調を合わせた。公明党は安全保障体制の充実が必要だとしつつ、改憲への賛否は明らかにしなかった。

与党筆頭幹事を務める自民の新藤義孝氏は「国の防衛は国際平和秩序にのみ頼るのではなく、自分の国は自分で守るという基本をないがしろにしてはならない」と述べ、9条の議論に最優先で取り組むべきだと主張。自民の改憲4項目に盛り込んだ9条への自衛隊明記の意義も訴えた。日本維新の会の小野泰輔氏は現実の安全保障環境に合わせた憲法改正の必要性を訴えた。

野党筆頭幹事を担う立民の奥野総一郎氏は「『自衛隊が違憲だ』という人はほとんどいない」と自衛隊明記不要論を展開。「9条を使って日本をしっかり守ることができると反論していきたい。9条改憲ありきには絶対、断固反対だ」とも強調した。自衛隊を違憲視している共産の赤嶺政賢氏も9条改正反対で足並みをそろえた。

憲法審の運営方式を見直すべきだとの意見も出た。国民民主の玉木雄一郎氏は「議論したテーマについて具体的な意見集約を行わずに次のテーマに行ってしまうと、言いっぱなしの憲法審に逆戻りしてしまう」と懸念を示し、テーマごとの分科会設置を呼び掛けた。

会員限定記事会員サービス詳細