4回目コロナ接種券、対象以外も 厚労省が自治体に通知

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京都千代田区
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京都千代田区

新型コロナウイルスワクチンの4回目接種について、厚生労働省は3回目接種を受けた18歳以上の全員に接種券を送る方法を認めると自治体に通知した。

重症化予防が目的の4回目接種は60歳以上と、基礎疾患がある18歳以上などが対象。ただ自治体が基礎疾患の有無を個別に判断するのは困難で、人口が多い自治体を中心に「事務作業が追いつかない」との声が上がったことから、対象外の人にも券を送る方法を認めることにした。

厚労省は、対象外の人が接種を受けられると誤解することがないよう、対象範囲を分かりやすく伝える文書を同封するように注意喚起している。

同省はこれまで、接種を受ける本人からの申告で接種券を出す他、接種会場で券を交付したり、予診票を準備したりする方法を提示。10日の通知で対象外の人にも券を送る方法も容認した。

会員限定記事会員サービス詳細