神戸・灘の住宅街でシカ捕獲 けが人なし

神戸市灘区の公園内を歩くシカ。この後捕獲された=12日(市提供)
神戸市灘区の公園内を歩くシカ。この後捕獲された=12日(市提供)

12日午前7時20分ごろ、神戸市灘区高徳町6丁目の住宅街の道路をシカが走っていると、通りかかった人から110番があった。兵庫県警灘署によると、約3時間後、1キロ余り離れた灘区の公園で警察官や猟友会の会員らがシカ1匹を捕獲した。けが人はいなかった。

市によると、捕獲されたのは雄のシカで体長1・2~1・3メートル。年齢は2~3歳とみられる。他にも周辺で同様の通報が相次いでおり、灘署は同じシカとみている。

シカを発見した警察官らが、刺股などを使って公園に追い詰め、網で捕獲した。シカは殺処分され、市の担当者は「道路に飛び出して交通事故などにつながるリスクもあった」と話していた。

会員限定記事会員サービス詳細