朝晴れエッセー

洗濯物を干せる幸せ・5月12日

現在、わが家は外壁と屋根のリフォーム中だ。家の周りをぐるりと足場で囲みネットで覆われている。外壁の塗装中は窓ガラスにも全てビニールが張られているので、外の天気が晴れているのか、曇っているのかも家の中にいるとわからない。

何よりも困ったのが洗濯物だ。この気候の良い時期に庭に洗濯物が干せないことが私にとってはストレスになった。

寒い時期は庭に干してもスッキリとは乾かなかったが、この時期は外干しすると気持ちよく洗濯物が乾いてくれる。洗濯物をたたむときも幸せな気持ちになれる。

だが、今は足場もあり庭に置いてある物干し台も隅においやられている。仕方ないのでずっと浴室乾燥で洗濯物を干している。

ふだん当たり前のように庭で洗濯物を干していたが、本当はありがたいことだったんだと実感した。いつも通りの毎日、いつもと同じことができるということは本当はものすごくありがたい幸せなことなんだと思った。

指を1本ケガしただけでも日常生活で不便な状態になったりする。なんでも当たり前のように生活できることは、本当はものすごく幸せなことなのかもしれない。当たり前の生活を過ごせるということに感謝しなければならないのだと思った。

家のリフォームが終わったら洗濯物を庭いっぱい干そうと思う。そして、その干せることに感謝したいと思う。


瀬川淑恵(59) 堺市南区

会員限定記事会員サービス詳細