反プーチンのバンドメンバー、ロシア脱出 配達員装い警察欺く

「プッシー・ライオット」のメンバー、マリヤ・アリョーヒナさん =11日、ベルリン(ロイター)
「プッシー・ライオット」のメンバー、マリヤ・アリョーヒナさん =11日、ベルリン(ロイター)

ロシアのプーチン大統領批判で知られるパンクバンド「プッシー・ライオット」のメンバー、マリヤ・アリョーヒナさん(33)が、ロシアを脱出してリトアニア入りしたことを明らかにした。11日付の米紙ニューヨーク・タイムズが伝えた。

同紙によると、アリョーヒナさんは警察の監視の目を欺くため、身を寄せていた知人宅を食料配達員の制服で離れ、追跡されないよう携帯電話も置いてきた。知人がベラルーシ国境まで車で送り、そこから1週間かけてリトアニア入りした。

「プッシー・ライオット」のメンバー、マリヤ・アリョーヒナさん=11日、ベルリン(ロイター=共同)
「プッシー・ライオット」のメンバー、マリヤ・アリョーヒナさん=11日、ベルリン(ロイター=共同)

アリョーヒナさんはロシアで何度も「でっち上げの罪名」で拘束されてきた。しかし4月、当局が締め付けを強化したため国外脱出を決意。同紙に「成功して幸せ。自分が何を成し遂げたのか、まだ完全には理解できていない」と語った。(共同)

リハーサルで歌う「プッシー・ライオット」のメンバー、マリヤ・アリョーヒナさん =11日、ベルリン(ロイター)
リハーサルで歌う「プッシー・ライオット」のメンバー、マリヤ・アリョーヒナさん =11日、ベルリン(ロイター)
リハーサルで歌う「プッシー・ライオット」のメンバー、マリヤ・アリョーヒナさん(中央) =11日、ベルリン(ロイター)
リハーサルで歌う「プッシー・ライオット」のメンバー、マリヤ・アリョーヒナさん(中央) =11日、ベルリン(ロイター)

会員限定記事会員サービス詳細