日本は2位で準々決勝へ バドミントンの男子トマス杯

1次リーグのマレーシア戦でプレーする男子ダブルスの古賀(右)、渡辺組=バンコク(共同)
1次リーグのマレーシア戦でプレーする男子ダブルスの古賀(右)、渡辺組=バンコク(共同)

バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、男子トマス杯と女子ユーバー杯の第4日は11日、バンコクで1次リーグが行われ、日本はD組の男子がマレーシアに2―3で負けて2勝1敗となり、同組2位で準々決勝に進んだ。マレーシアは3戦全勝でトップ通過。

シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)、ダブルスの保木卓朗、小林優吾組(トナミ運輸)で2連敗。シングルスの常山幹太(トナミ運輸)が勝った後、ダブルスの古賀輝(NTT東日本)、渡辺勇大(BIPROGY)組が敗れた。最後のシングルスの西本拳太(ジェイテクト)は勝った。

準々決勝は12日で、A組1位通過の女子、男子がいずれも台湾と対戦。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細