ニッポン楽旅事典

芋のひんやりスイーツ「IMOSUKUI」

スプーンで食べる芋スイーツ「IMOSUKUI」
スプーンで食べる芋スイーツ「IMOSUKUI」

夏のきざしを感じる今日この頃。おうち時間を豊かにする、ひんやりとしたスイーツはいかがでしょうか。今回ご紹介するのが、スプーンで食べる芋スイーツ「IMOSUKUI」。鹿児島産のサツマイモのねっとりとした舌触りと優しい甘みを味わえる、濃厚な一品です。

おしゃれなパッケージもさることながら、素材に一切妥協を許さない、まさに「鹿児島メード」にこだわったこちらは、味もプレーンの「安納芋」、ビターチョコレート入りの「紅はるか」、クリームチーズ入りの「紫いも」の3種類。冷凍販売されており、食べ始めのアイスのような口どけから、ねっとりとした食感への変化が楽しめます。

販売するのはカフェと雑貨の「MATHERuBA(マザルバ)」。鹿児島市内にありながら桜島を一望でき、こだわりの品々に出会える、何度でも訪ねたくなるすてきな場所です。

九州じゃらん

編集長 中村優理

紹介した「IMOSUKUI」(安納芋、紅はるか、紫いも)は、それぞれ432円(注文は3個から、送料別)。取り寄せは「MATHERuBA」のオンラインストア( https://matheruba.shop-pro.jp/)。


会員限定記事会員サービス詳細