「ギャンブルに使った」1億円超横領、容疑で元社長を逮捕

埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)
埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)

埼玉県警は12日、勤務先の工業用工具輸入販売会社「レボー・レーバー・ジャパン」(同県三郷市)の口座から約1億800万円を着服したとして、業務上横領容疑で、同社の元社長、土橋建一容疑者(53)=同県草加市栄町=を逮捕した。

逮捕容疑は平成29年2月~30年11月、149回にわたり、現金計約1億800万円を引き出して横領したとしている。「ギャンブルに使った。勝った金は運営資金にするつもりだった」と供述している。

県警によると、同社は海外企業の日本法人。本社の役員が多額の現金引き出しに気付いた。土橋容疑者を30年11月に解任し、その後県警に相談していた。

会員限定記事会員サービス詳細