ゴーン事件の損賠請求訴訟、ケリー被告側が棄却求める

グレゴリー・ケリー被告
グレゴリー・ケリー被告

日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告(68)の役員報酬過小記載事件をめぐり、日産が金融商品取引法違反罪に問われた元代表取締役、グレゴリー・ケリー被告(65)に約14億円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が12日、横浜地裁で開かれた。ケリー被告側は出廷しなかったが、答弁書で請求棄却を求めた。

日産側は、ケリー被告が元会長の指示を受け、元会長の一部報酬を有価証券報告書で開示しない方法を検討するなどし、会社に損害を与えたと主張。ケリー被告側は、報告書の報酬額は正確で、元会長から指示を受けた事実はないと反論した。

日産は令和2年、元会長にも約100億円の賠償を求めて横浜地裁に提訴している。

事件をめぐって東京地裁は今年3月、元会長らと共謀して虚偽の報告書を提出したとする起訴内容のうち、ケリー被告の一部有罪を認定。検察、被告側の双方が控訴した。

会員限定記事会員サービス詳細