「ロシアの戦争犯罪責任者を裁きに」 日EU首脳声明

南東部マリウポリを進むロシア軍の車列(ロイター)
南東部マリウポリを進むロシア軍の車列(ロイター)

政府は12日、岸田文雄首相と欧州連合(EU)の定期首脳協議を受けた共同声明を発表した。ロシアのウクライナ侵攻を「不当な、いわれのない軍事侵略」と非難した。「ロシアによる戦争犯罪および残虐な行為」に関し「責任者がその責任を追及され、裁きにかけられなければならない」と糾弾した。

ロシア軍に対し、ウクライナ全土からの即時撤収も求めた。対ロシア制裁の拡大とウクライナ支援も盛り込んだ。

また、中国を念頭に「尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺海域を含む東シナ海と南シナ海における状況を深刻に懸念」し、「緊張を高めるあらゆる一方的な試みに強く反対する」と強調した。

弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮についても「強く非難する」と明記。また、「拉致問題の即時解決を引き続き求める」と記した。

会員限定記事会員サービス詳細